目の下 たるみ 自力

tarumi

 

目の下の「たるみ」は老けて見える要因!

 

その、たるみを「眼窩脂肪」と呼び

 

突出して存在感が強く見られる様子から日頃からマッサージなどのセルフケアを行っている方は少なくありません。

 

しかし、セルフケアを行っていても理想的な効果が感じている方は極わずかであり、

 

途中段階で諦めてしまい美容整形外科しか残された道は無いと自己判断してしまう方が多いのではないでしょうか!?

 

そのような一度発生してしまうと厄介な目の下のたるみですが、

 

必ずしも美容整形外科でしか解消できないというわけではなく、自力でケアを行っていても解消させる事は可能です。

 

ただし、自力で行う場合に念頭に置いておく必要があります!

 

 

目の下のたるみは自力では限界がある!?

 

目の下のたるみは自力では

 

治せないの!?

 


tarumi jiriki

 

美容整形外科のように物理的にメスを入れて、たるみの起因になっている眼窩脂肪を取り出すという方法ではないので

 

即効性を期待するのではなく、長い目で見てたるみの解消を目指していかなければならないという事です。

 

そもそも、目の下のたるみが年齢を重ねる程に眼球を支えている靭帯が加齢により緩みが生じてしまい、

 

眼球を支えられなくなり眼球の重量により圧迫されてたるみが生じてしまいます。

 

つまり加齢により衰えた筋肉を鍛え、以前のように眼球の重みではたるみができない程強くしてあげると

 

目の下がすっきりとした印象になり顔はもちろん、全身の印象が若々しくなります。

 

ですが、美容整形のような即効性を求められている方には、自力で目の下のたるみを解消する方法は向かない手法ではあります。

 

毎日コツコツ続けていける方を対象としたトレーニングをご紹介します。

 

 

目の下のたるみを自力でトレーニングする方法

 

tarumi naosu

 

自力で筋トレをする時に必要になる物は特に無く、着座している状態から上方向を見上げた後、

 

そのままの状態で下瞼を上瞼の方に向けて引き寄せるようにし、半目を開けているような状態にしましょう。

 

半目状態のままおよそ5秒間状態を保持し、顔を元の位置に戻し呼吸を整えるといったトレーニングを10回程繰り返す事を日課にしていれば自力でたるみが解消できます。
詳しいトレーニング動画はこちら

 

このような眼輪筋を鍛えるトレーニングは、目の下のたるみ予防には必要不可欠なトレーニングなので毎日のセルフケアとして取入れる必要はあります。

 

 

目の下のたるみに乾燥は大敵!!

 

tarumi kansou

 

たるみの原因は眼輪筋の衰えと目元の乾燥が大きく関係しています。

 

目元の皮膚は肌の中でも薄く、乾燥しやすい箇所であります。

 

そのため皮膚がたるみ、さらにシワやシミに悪化するケースが多いのも目元の大きな悩みになります。

 

乾燥を防ぐには、日々の保湿は欠かせないセルフケアです。

 

特にお風呂上がりは十分な保湿ケアが必要ですので、浸透力のある目元専用アイクリームを使用することで乾燥を改善できます。

 

目の下のたるみに驚きのアイクリーム

トップへ戻る