年齢によって違うクマの症状にアイキララは効果的?

年齢別クマの悩みと改善方法

 

全年齢に当てはまるクマの天敵は紫外線

目下の皮膚は薄くデリケートなんです。

夏場は特に冷房による乾燥血行不良

クマが目立つシーズンです

 

 

◆年代別クマの特徴と対策◆

10代が悩むクマの特徴

20代が悩むクマの特徴

30代が悩むクマの特徴

40代が悩むクマの特徴

 

≪紫外線対策≫
当たり前になってきている紫外線対策、日傘や日焼け止めクリーム、サングラスでクマだけでなくシミ・シワ予防なのですが…ここ最近、間違った知識の方が多くおられたので紹介さして頂きます。

 

目の下クマを隠すために日焼けしたいのですが…
『絶対にお止め下さい』日焼けしてもクマは改善しないです、よりクマが濃くなること間違いないです。

 

私の通っていた皮膚科の先生も紫外線だけは『極力当たらないように』と強めにおっしゃていました

 

 

ここでは年代別クマの悩みや自宅でできる改善方法をお伝えしていきます

10代が悩むクマの特徴とは

思春期時期は周りの目が敏感に気になってしまうもの、同時に若さのあまり『ムチャをしたり』、『無知な行動』をとりがちです。そんな10代が悩むクマの特徴には思いがけない事から、くまを悪化さしています

 

コンタクトでドライアイ

コンタクトを付けたままの睡眠や乾燥で目をこする事が癖になっていませんか?目の周りの皮膚は薄いので擦る事で色素沈着を起こしやすくなります

 

受験でのストレス

大変なストレスがのしかかり体調を崩す事もシバシバ…。睡眠不足+ストレス+運動不足で体調管理ができず、思い返せばコノ頃からクマがひどくなり始めたと思われる方も多いのでは?

 

紫外線の浴びすぎ

10代の時期が人生で一番紫外線を浴びる事が多いんじゃないでしょうか?皮膚へのダメージはコノ頃から蓄積されていきます。最近は小学校で日焼け止めを許可してくれる学校も増えてきているとか!

 

生活習慣や食べ物

偏食になりがちな時期で野菜・魚嫌いでファーストフードの油っぽいものでお腹を満たしてしまいます。睡眠不足などで生活習慣の乱れの原因になり、目元の皮膚が乾燥しシミシワの原因にも関わってきます

 

 

【総括】
統計を取ると10代が悩むクマの原因は、人生の中で初めての経験をする事ばかりなので『ストレス』、『不摂生な生活』、『食生活の乱れ』など日常生活の乱れが原因で起こるクマが多いようです

 

【対策】
10代のクマ対策は紫外線での皮膚ダメージを軽減する為に『アイキララ』と『保温シート』この2つのアイテムでくまを改善します

20代が悩むクマの特徴とは

10代に溜め込んだ疲れが少しずつお肌にあらわれだす20代!ハウスダストや花粉に過敏になりがちな時期なので目元のこすりすぎに注意したい。パソコンやスマホを見ている時間が多い20代は目の周りの筋肉(眼輪筋)の衰えでクマが出来やすくなり老け顔の原因にもなります

 

10代では感じなかった肌トラブル

20代後半で気づく10代との差。肌のハリや潤いに違いが出始めいつのまにか増えだすシミとクマ!入念なスキンケアで乾燥肌は避けアイクリームをコマメにぬる事を忘れないようにしましょう

 

化粧残り

ほぼ女性限定ですが、朝方までのカラオケなどで化粧落としもいい加減になりがちです。マスカラやアイラインは綺麗に落とさないと色素沈着がおこり茶クマの原因になります。ですが、擦るようなメイクの落とし方もNGです

 

ハウスダストや花粉アレルギー

ハウスダスト・花粉・黄砂・PM2,5などアレルギーを起こす物質がそこら中に飛散しています。このアレルギーにかかれば目元を擦らずにはいられないのは誰もが経験済みなのでは?擦る事を我慢するのではなく、アレルギーを抑える事を優先しましょう。

 

パソコン・スマホの疲れ目

長時間の画面直視によるドライアイの原因の1つでもあり、目の周りの筋肉の衰えも問題視され肌のたるみの原因にもなっています。顔の筋力の衰えはくまだけでなく顔の老化につながります

 

 

【総括】
20代は前半と後半では少しずつ体が変化し始める時期です。自分の時間が増える半面、不規則な生活リズムになりがちです。長時間の寝ながらスマホで筋肉も固まり肩こりや背骨の歪みからくるクマの原因につながります

 

【対策】
お風呂もシャワーですませず、湯ぶねにつかりながらのマッサージと日々のアイクリームそして保湿を忘れずに続けましょう

30代が悩むクマの特徴とは

男女共に体の衰えが明確にでてしまう30代。セルフケアよりも家族優先の日々になり、日常のストレスがクマに影響し疲れ顔・老け顔になりがちです。30代のセルフケアを怠ると40代50代後悔する事に…。

 

お肌の衰えと体の変化

30代になると急激にお肌の衰えと体の変化を体感されている方がほとんどだと思います。より自分磨きをしていく事がクマの改善につながります

化粧水→目もと美容液→乳液

この順番と夜のマッサージは当然です

 

仕事や家事、育児の疲れ、睡眠不足

仕事や家事、育児…主婦に休みなんてほとんどない!けど自分にご褒美はあげてください。月に1度、2ヶ月に1度でもかまわないのでフェイシャルエステで女子力を高めにいきましょう。ストレスを解消する事で美肌効果や若返り効果もあるのでお肌もリフレッシュできます

 

冬の乾燥、夏の紫外線

『乾燥、紫外線』お肌にとって大敵です。目元の皮膚を守るには『潤い』と『絶対ヤかない』事がクマを進行させない第一歩です。

 

 

【総括】
体の変化がでる30代!その分お手入れに時間とお金がかかるのは必須条件、効果のある美容液選び&エステ選びを有効に活用する事も美ママの秘訣です

 

【対策】
日々の忙しい生活ではセルフケアが行き届かない分、フェイシャルエステでお肌の回復と美白を取り戻しましょう。

40代が悩むクマの特徴とは

子育てや仕事にも余裕が出てきた40代。フとした瞬間『いつからこんなにひどくなったんだろうと』鏡を見返す毎日…。年齢を感じずにはいられない年代ですが『美は1日にしてならず』と心に刻み日々努力に取り組みましょう。

 

運動不足

40代なかなか激しい運動に取り組むのは勇気がいります。体を柔らかくするぐらいの気持ちで1日5分ストレッチ(特に肩甲骨)を入念に動かしてみてください。肩こりがほぐれ血行促進に効果的です

 

たるみや黒ずみ

塩分の多い食事は体のむくみに繋がりたるみに影響し、たるみができる事でクマをつくる事になります。塩分の多い食事は避け健康的な食生活で体の中から改善する事が大事なんです

 

 

ターンオーバーと角質

お肌のターンオーバーが低下する事で角質が溜まりやすくなります。角質が溜まると新陳代謝が悪くなり黒ずみ・クマの元になります、余分な角質を取り除くケアをオススメします。

 

加齢

加齢での筋肉の衰え、たるみで影ができ目元のクマがより濃く見えてしまいます。ヒアルロン酸の注入やレーザーなどクリニックでのケアも選択の1つとして必要になります

 

【総括】
セルフケアは欠かす事のできない40代!少しの油断でシミやシワにつながるデリケートなお肌なので、全ての対策をもってクマにならないスキンケアをほどこし自分に自信をもてる笑顔を取り戻しましょう

 

【対策】
年は取りたくない物ですがキレイに年を重ねる為に必要なクリニックや日常のマッサージ、スキンケアは怠らないように注意しましょう

目のクマの原因が首コリ

少し私の体験談をお話さして頂きます(^-^)
クマが目立つようになったと同時に肩こりがひどくなり、片頭痛に苦しむ時期が続きました。実は私の目のクマは「右目」の方が濃いんです!

 

これが今思えばクマの原因にたどり着くきっかけだったのです。
・右側の首コリ
・右肩のコリ
・右手のしびれ
・腰痛

 

背骨の歪みにはいろいろな原因があります。姿勢・歯の噛み合わせ・ウォーキングなどを改善する事で片頭痛が治り、肩こりも楽になり、クマが薄くなりました

 

◆一番大切な血液の流れ◆

◆食生活で体内から改善◆

◆深呼吸でリラックス効果◆

 

このように少しの対策でもクマは改善できるので、ぜひ参考にしてみて下さい!

 

TOPページへ戻る

 

トップへ戻る