混合クマはアイキララで解消

混合クマとは

混合クマ アイキララ

 

青クマ・茶クマ・黒クマそれぞれ違う種類のクマが2種類以上が混ざり合いできたクマを
『混合クマ』と言い混合クマにはイロイロなパターンが存在します。

 

・青クマ&茶クマ(血行不良と色素沈着)
・青クマ&黒クマ(血行不良とたるみ)
・茶クマ&黒クマ(色素沈着とたるみ)

 

混ざり合ってできた『混合クマ』は予防の仕方や解消の仕方もそれぞれ異なった方法で取り組まないと、さらにクマの悪化にも繋がる原因になります。
混合クマの中で多く見られるのが『青クマと茶クマ』の混合クマです。

 

 

混合クマの見分け方

 

アイキララを使う前の混合クマ

 

青クマ、茶クマ、黒クマの見分け方を行い
2種類以上が当てはまれば『混合クマ』です。

 

私は青クマから目を擦る癖から色素沈着が原因で茶クマにもなり混合クマに悪化してしまいました。

 

混合クマの原因

 

混合クマの多くの原因は間違った対策やしてはイケない事を日々の生活で気付かないうちにしてしまっている事からはじまります。

 

下記の項目に3つ以上あてはまれば『混合クマ』の可能性があります。

 

1.目をこする癖がある
2.コンタクトをしたまま寝る
3.化粧を落とさず寝てしまう
4.洗面所で化粧を洗い流す事が多い
5.顔マッサージを毎日している
6.カラオケは苦手
7.1日に2時間以上は太陽に浴びる

 

この7つの項目は3種類のクマにやってはイケない事をPICK UPしたものです。
それぞれのクマにはヤッてはイケない事があり、項目に当てはまる数が多ければ気づかないうちに混合クマになっている可能性が高い事になります。

 

 

混合クマにならない為の予防法

 

【目を擦るのは絶対にNG】
冬場の乾燥する季節やアトピー肌の人は特に気をつけないとイケないのが目下を擦ってしまう行動です。
擦る事でさらに皮膚の乾燥が進み、血行不良や色素沈着が起こります。

 

 

【コンタクト付けっ放しはNG】
コンタクトを付け続けることでドライアイになり眼精疲労や目下の血行不良を引き起こします。
コンタクトをしたまま睡眠すると1日の汚れで目ヤニが溜まりやすくなり、感染症のリスクも高くなります。
その結果『結膜炎』などを誘発し痒みがでて擦ってしまう悪循環に陥りやすいです。

 

 

【化粧したまま睡眠はNG】
化粧をしたまま寝る事はお肌に酸素を与えない事と同じなんです。次の日に『肌がボロボロ』なんて事は経験ありますよね。『1日ぐらい大丈夫』それが危険なんです。
積み重なっていくうちに肌年齢はマイナス10歳肌なんて事になりシワやたるみの原因を作っています。

 

 

【洗面所で洗い流す化粧はNG】
洗面所で洗い流すのとお風呂場で洗い流す化粧おとしは肌の負担が約1.5倍ぐらい違いがあります。その差は『湿度と温度』にあり、湿度が高い事で肌に水滴が入り込みメイクがおちやすくなります。温度が高い事で化粧崩れが起こりメイクが落としやすくなることで、メイクの洗い残しもなくなり『ゴシゴシ』洗う事が減り肌への負担が減ります。

 

 

【クマによってマッサージはNG】
目下にクマがでると簡単にできる対策の1つとしてマッサージをする人が多いのですが、効果がでないことに焦り強いマッサージになってしまい余計にクマが酷くなった経験はありませんか?
マッサージで有効なクマの種類は『青クマ』なのですが、血流を逆にマッサージする人強いマッサージをするのはすごく危険な行為です。

 

 

【無表情で長時間いるのはNG】
無表情でいる事は顔の老化速度を上げているのと同じ事で、使わない筋肉は衰えたるみ始めます。
『あ・い・う・え・お・体操』『カラオケで歌う』事は表情筋を鍛えるトレーニングには最適で老け顔やシワ、たるみに効果が期待できます。

 

 

【紫外線にあび続けるのはNG】
どのクマにも共通してNGなのが紫外線にあびる事です。お肌の乾燥の原因でもあり、シミやシワ、たるみの原因で目下のクマには難敵なんです。
紫外線から守る対策と紫外線を浴びた後の対策をする事がクマ解消には大事なことです。

 

 

混合クマにならない為には7つの項目を日々意識して毎日を過ごす事をしないと気付かないうちに混合クマになっている危険があります。

混合クマのまとめ

混合クマは2種類以上が混ざり合ったクマなので対策や予防の仕方には注意する必要がありますが、3種類のクマに共通して効果がある対策をとれれば解消する事は難しくないハズです。

 

青クマ、茶クマ、黒クマに共通して効果のある対策

 

【ビタミンサプリ】

混合クマにはビタミン

より早く目下のクマを解消するには体の内側からもビタミンをしっかり補い血行促進や美白効果、お肌のハリに必要なビタミンをしっかりとる事が大事です。

 

 

【ツボ押し】

混合クマにツボ押し

顔のマッサージは強さでクマが悪化する事がありますが、ツボ押しはリスクなしで血行促進の効果が期待できる事や目下の疲労回復にもイチオシです。

 

 

【保湿ケア】

混合クマ 保湿クリームはアイキララ

乾燥は目下のクマ、シワ、たるみに直接影響がでます。どのタイプのクマにも絶対に必要なアイクリームでの保湿ケアは当然です。

 

 

【交代浴】

混合クマ 交代浴

入浴時に簡単にできる目下を温めそして冷やす交代浴は血行促進や目下のハリに効果があり、お風呂でしかできない事なので必ず試してほしい対策です。

 

 

【表情筋トレーニング】

混合クマ あいうえお体操

あいうえお体操で表情筋を鍛える事は時間はかかりますがクマだけでなく、小顔効果や顔のたるみにも効果があるので女子力を上げるには必須対策です。

 

 

どの種類のクマであっても『クマを薄くしたい』その思いが強くなり、間違った対策をすれば混合クマになる事があります。

 

ネット社会の中イロイロな情報が飛び交っていますが、自分に合った対策をしっかり選び無理なく続けれる事が大事です。

 

 

TOP⇒目下のクマに効果のあるアイクリーム

 
トップへ戻る