黒クマとたるみにはアイキララが効く

黒クマとは

黒クマ

一般的に加齢による表情筋の衰えでまぶたがたるみ影が出来ると言われていますが、加齢だけでなく遺伝による例もあり最近ではスマホの普及で目を酷使し過ぎる為、瞬きの回数が極度に低下した若い世代でも黒クマが増えてきています。
一概に加齢が原因と言う事ではなくなってきています。

 

黒クマの見分け方

黒クマ 見分け方

 

このように上からライトを照らして光の加減で

 

クマが薄くなれば『黒クマ』です。

 

 

黒クマの原因

 

・加齢によるたるみ
・遺伝によるたるみ
・表情筋の衰え
・目下の乾燥
・紫外線

 

他のクマに比べ解消するのが難しいとされる『黒クマ』
一度たるんだ皮膚はもとに戻りにくい!

 

日本人は喜怒哀楽を内に秘める事が多く表情で表す事が少ないため、顔の筋肉(表情筋)が衰えやすいと言われています。

 

今や年配の方だけにあらわれる黒クマではなくなり、若い世代でも長時間のスマホを見る事と瞬きの減少で表情筋が急速に衰え、どの世代にも黒クマの深刻化で悩んでいる人が増えています。

 

ネットで検索すると大概のっている

 

『黒クマを治すには表情筋を鍛える事』どこを見てものってますが

 

『表情筋を鍛えるトレーニング』なんてクマで悩んでいる人なら誰でも知ってるし、1度は誰もが試した事もあります(さほど効き目が無い事も知っています…)

 

ですが、ネットや雑誌で書いてある『表情筋を動かす事』は黒クマを解消するのに初歩的なだけですが絶対に必要な事なんです。

 

ですが初歩的な事だけをしていては効果がないまま終わってしまうのがほとんど!表情筋の衰えで皮膚が『たるむ』なら日々の生活で簡単にできる対策をすればいい!

 

 

黒クマ解消には引っ張る事が大事!?

 

黒クマを治すには表情筋を鍛えるのは初歩的ですが『ほんの少しのプラスα』を取り入れると大きな差が出るのでやらずに後悔より知って得するを実行しましょう。

 

 

プラスαの1つは簡単にできる
『ポニーテール』

黒クマ ポニーテール

 

なぜポニーテール!?と思うのも当然ですが、
皮膚のたるみは脂肪が重力に負ける事が原因なら引っ張り上げる事で、頭皮の皮膚や表情筋が引っ張られる事で刺激を受け続ける事ができます。

 

刺激を受け続けるというのがポイント!

 

皮膚は刺激を与えることで緊張し引き締まっていくモノです。芸能人が見られる事で綺麗になっていくのってその効果があるみたいですょ。

 

ポニーテールをしている時に表情筋を鍛えるトレーニング(あ・い・う・え・お)体操をしてみて下さい。自然と顔の皮膚が引っ張られるので効果抜群です。

 

 

プラスαの2つはヨガに続き注目されている
『逆立ちです』

黒クマ 倒立

 

血行促進だけでなくダイエットやアンチエイジングなど健康に繋がる効果が凄すぎると話題!
『逆立ちなんか怖くてできない』って方でも心配はいりません。
逆立ちができなくても頭を心臓より低くするだけで効果があります。

 

◆アンチエイジング効果
逆立ちをする事で体中の血液がスゴイ勢いで循環しているのが分かると思います。血液の循環が良くなる事で肌への老化やたるみを防ぎ、潤いやハリがでる効果があります。

 

◆ダイエット効果
体重を支えるために必要なバランスをとる事で普段使っていない筋肉を使いその結果インナーマッスルが鍛えられシェイプアップ効果に繋がっています。

 

◆ストレス解消効果
普段酷使している首や頭ですが逆立ちする事で負荷が減り、常に緊張を維持してる筋肉をリラックスさせる事は、肩こりや腰痛にも効果がありストレス解消に最適です。

 

逆立ちをしながら『あ・い・う・え・お』体操でさらに表情筋を鍛えるのは普段しているトレーニングより倍の効果が期待できますよ。

 

 

プラスαの3つは
『アイクリーム』

黒クマ アイキララ

 

筋肉を引っ張って伸ばすだけでは疲労が溜まり疲れ顔になる事も…。引っ張ったお肌にはしっかり保湿できるアイクリームで休ませる時間を作る事が大事です。

 

お肌を休める時間は就寝前と思われがちですが、最もお肌が乾燥するのは入浴後なんです。入浴後5分以内に保湿する事は乾燥からくるシワやたるみを守ることに直結します。

 

1日の疲れを入浴で洗い流した後は5分以内に保湿できるアイクリームで潤いを与え『たるみ』を解消しましょう。

黒クマのまとめ

クマを本気で治したいと悩んでいるほとんどの方が、
できるだけお金をかけずに治したいと思っています。

 

私も当然思っています。

 

黒クマは他のクマより解消するには時間がどーしてもかかってしまう。

 

『たるみ』を改善しない事には黒クマは解消されません。

 

たるみを解消するには表情筋を鍛える事美容外科での治療も選択肢の1つです。

 

最新の治療方法だと皮膚を切らずに下まぶたの小さな穴からたるんだ脂肪を取り除きたるみをなくす施術もあり最短でクマを改善できますが費用も高額です。

 

表情筋を鍛えるトレーニングや乾燥から守るアイクリームを1週間続けるだけでは効果がでないかもしれませんが、表情筋を鍛えるトレーニング+αで本来のお肌のハリを取り戻す事はできます。

 

美容外科に行こうか迷っておられるなら、プラスアルファーのトレーニング法を一度でいいので試してみて下さい。

 

それからでも美容外科の選択は遅くはないハズです。

 

 

>>混合クマにならない為の7つの項目!

 

TOP⇒クマに悩み続けた主婦のアイキララを試した記録

 
トップへ戻る