茶クマに効果があるアイキララ

茶クマとは

茶クマ

お肌の色素沈着が原因でおこる茶クマ。
寝不足でできるクマとは違い、シミや擦りすぎから起こるのが特徴です。茶クマは、お肌の乾燥が最もポイントになってきます。
四季のある日本は乾燥からは避けて通れないの!?
乾燥が原因なら解消する事は難しくない。
茶クマ解消に知らないと損する2点を紹介します。

 

 

茶クマの見分け方

茶クマの見分け方

 

このように左右上下に目下を動かしても

 

クマが薄くならないのが茶クマです。

 

 

茶クマの原因

乾燥による色素沈着が原因である茶クマですが、

 

・紫外線
・マスカラの洗い残し
強すぎるマッサージ
乾燥
・クレンジングの落とし方
などありますが、間違った対策をとると茶クマを悪化させる原因になる事もあります。

 

今までしてきたクマ対策は本当に効果がありましたか?

 

『クマが酷くなった!』

 

『いつまでたっても薄くならない』

 

まず自分が何クマなのか知る事!

 

自分にあった対策をとる事。

 

すごく大事なことです。

 

 

痒みが原因で色素沈着が悪化する!

 

茶クマの原因の多くは『乾燥』が始まりと言われています。

 

・肌が乾燥する事での痒み
・ドライアイで目下の痒み
・アトピー性症候群での痒み
・日焼けによる痒み
・ニキビ(吹き出物)の痒み

 

全てに共通している『乾燥』と『痒み』

 

皮膚の弱い目下は擦る事で黒ずみになり色素沈着します。
 
色素沈着した肌は治りにくい!

 

アイキララ メラニン

 

 

茶クマに絶対してはイケない2つの事

 

茶クマの人がやりがちな間違った対策

目下のマッサージをすれば、どんなクマにも効果があると思っていませんか?マッサージで血行促進をして効果が出やすいのは『青クマだけ』なんて知らなかった…。

 

茶クマは色素沈着が原因なんです。『血行促進してもシミは消えない』と一緒でマッサージしても茶クマには効果が出にくい!

 

効果が出にくいと『押し方が悪いのかなぁ』『強さが足りてない?』と不安になり強すぎるマッサージが望んでもいない黒ズミになり色素沈着に繋がっていたのです。

 

目下の皮膚は思っている以上にデリケートです。強めのマッサージは絶対にNGです。

 

ホットタオルで目下を温める間違った対策

多くの方がネットや書店に行き調べた知識を試されては『効果がない』と諦める対策ではないでしょうか。
ホットタオルで目下を温めるのは血行促進には効果がありますが、茶クマにはマッサージ同様に効果がでにくい!ですが、ホットタオルで温める事は悪い事ではないのです!温めてるだけだからダメなんです。

 

温めた後は『冷やす』ココが大事なポイントです。
お風呂上がりは皮膚がふやけてしまいますよね。そのままの状態でいると乾燥し大変な事になりかねないのでパックやアイクリームを使用します。

 

ですが冷水を浴びる事で体内は血行が良くなり、皮膚表面も引き締まり乾燥から守られる役目もしてくれます。
今までしていた温める事と冷やす事を1つ足す事で大きな効果に繋がっていくんです。

 

 

茶クマに最も効果がある対策

 

【マルチビタミンサプリ】

アイキララ ビタミン

体の内側から色素沈着を解消するビタミンを摂取する事。お肌のシミ、黒ズミの色素沈着は体の内側からのケアを失くしてはありえません。普段の食生活から取り入れる事のできるビタミンですが、過剰摂取する事で頭痛や下痢、吐き気など副作用がある事も知っておきましょう。

 

ビタミンA 新陳代謝 鶏レバー
ビタミンB 疲労回復 豚肉
ビタミンC 美白効果 パプリカ
ビタミンE 老化防止 アーモンド

 

ビタミンの効果と多く含まれる食材です。
毎日の食事でこれだけのビタミンをとる事ってホントにできるんですか?
なので私は手軽にとれるサプリでビタミンを補ってます。
(コンビニで買えるマルチビタミン)

 

 

【目下専用アイクリーム】

アイキララ アイクリーム

色素沈着している目下にアイクリームで乾燥を防ぎます。アイクリームの使用は朝、夜2回ではダメ!外の空気に触れ乾燥し始めるお昼、仕事疲れで一気に乾燥する夕方。私が考えるアイクリームの使い方で乾燥から一番お肌を守れたのは、『6時間置きにアイクリームを使う事』人のお肌は約6時間を周期に潤いを求めます。朝、夜だけのケアでは乾燥は防ぎきれていないのです。

 

お風呂上がりの乾燥
寝起きの乾燥
外の空気に触れ乾燥し始める昼時
仕事疲れで一気に乾燥する夕方

 

6時間を目安にアイクリームを使う事で乾燥から守られ、お肌のコラーゲンも保たれると言う事になるんです。

 

【レーザー治療】

アイキララ 医療レーザー

美容整形外科のレーザー治療は黒ずんだ肌をレーザーで焼き、新しい肌を再生させる技術です。私がレーザー治療を受けていた頃は(10年前ですが…)1回の施術に1万円程で『とにかく痛い』目下に輪ゴムで『パチっ』って感覚が数十発続きました。治療後もカサブタがとれるまでは1ヶ月ほどかかりその間は脱脂綿をあてる生活と次の手術まで半年あけないとイケなく最低でも4〜5回はレーザー治療をしなくてはいけませんでした。私は3回目で痛みに耐えられず諦めてしまいあまり効果がでる事なく終わってしまいました。

 

ですがレーザー治療も進歩し最新のレーザーでは痛みも減り、術後も少し赤みがでる程度の肌焼けになり1ヶ月に一度受診出来る事でクマを解消するまで数か月の短期間でできるようです。クリニックにより値段のバラつきがあるようですが平均2〜3万円で受けられるようです。

茶クマのまとめ

色素沈着が原因の黒クマですが、知らずうちに間違った対策をしてしまいがちで、残念ですがマッサージやツボ押しは即効性の効果を求めるものではないのです。
長い目でコツコツ積み重ねた人だけが効果を体感できるもの!

 

強過ぎるマッサージやメイク落としの際に強くこする行為は色素沈着の1番の原因になるので目下に触れる時は細心の注意を払わなければいけないです。

 

他にもクマの種類に関係なく対策が必要な
『紫外線』
当たり前の事ですが、日焼け止めクリームやサングラスの着用でシミから守るなんて事は誰もが知っている事!ですが日焼け止めクリームに表記してある『SPF値』については意外と知らない人が多いのではないでしょうか?

 

アイキララ 日焼け止めクリーム

 

SPF30やSPF50など数値をよく見かけますが…なんとなく数値の高いSPF50を選んで買っていた私です。『数値が高い方が効果がありそう!』けど実際にどう効果があるのかわからないまま使っていたりしますよね。

 

SPF値は持続効果の時間

 

人の皮膚は紫外線を浴び続けて15分〜20分で赤く日焼けし始めます。

 

【SPF30の場合】
20分×30=600分(10時間)
【SPF50の場合】
20分×50=1000分(16時間40分)
日焼け止めの効果が持続する時間を表しています。

 

ならやっぱり数値の高い方が価値があると思いがちですが、思わむ落とし穴がありました。数値が高くなればなるほど、肌への負担は大きくなっていきます。

 

『じゃあ何を使えばいいの?』

 

1日中、日光浴する人でも実際は16時間も太陽は昇っていません。お買い物や少しの時間しか外出しない時は肌への負担が少ないSPF30以下で十分なんです。目下は特にSPF値が低い日焼け止めクリームを塗るのが好ましく、SPF値が低いから紫外線カット率が下がる事もないので安心して使えます。

 

 

茶クマにはビタミンと保湿ケア

茶クマの対策に必要なビタミンをとる事で体の内側とアイクリームで外側からの乾燥ケアが茶クマには効果があります。

 

毎日食器洗いをしている主婦の方なら痛感していると思いますが、『皮膚の強い手』ですら乾燥からあかぎれやひびに悩まさていますよね。皮膚の弱い目下はお風呂上がりに特に注意してアイクリームで保湿ケアを目安として5分以内に行いましょう。

 

 

>>黒クマのたるみを消す誰でも簡単トレーニング方法

 

TOP⇒茶クマに効果があるアイキララ

 
トップへ戻る