目下のクマ解消グッズ

クマ解消グッズにはサングラス

クマ解消 サングラス

 

オシャレアイテムの1つに活用する人が多いサングラスですが、
目元の紫外線対策として最もポピュラーで簡単な対策です。

 

『クマ・シミ・シワ』がでる目下の皮膚は薄く紫外線に弱い為、外出時には必ず着用してほしいアイテムですが、
その中でも偏光レンズがオススメです。

 

普通のサングラスと偏光サングラスの違い

 

クマ解消 偏光レンズ

 

ごく一般的に売られているおしゃれサングラスはUVカットの物も含めレンズの色を演出する効果があります。

 

偏光レンズは反射光の眩しさを抑え、UV効果に優れている特徴がありスポーツ選手や水面を見る釣り、車の運転にも幅広く使用されています。

 

サングラスの選び方としては日常のおしゃれ目的で外出する時はUVカットのサングラスを使用し、運転や海などアクティブ時は偏光グラスを使用するなど使い分けをしてもいいかもしれません。

 

クマ解消に必要なサングラスにも思わぬデメリットが!!

 

使い方によっては

 

『裸眼に紫外線を与えてしまう』

 

全く別の効果を与えてしまうものになりかねないのです。

 

人間の目は基本的にサングラスを着用すると瞳孔が開いてしまう性質があり、瞳孔が開いているところに紫外線を浴び続けると目の病気になってしまいます。

 

一部のサングラスの中にはUVカットのないカラーレンズも販売されているため、気付かないうちに目が紫外線に浴びて目の病気にかかっている事があるのでサングラスを購入する時は必ずUVカット率の高いサングラスを選びましょう。

 

もう1つはサングラスをする人のあるあるネタですが、
『グラサン焼け』

 

海やスノボーなど長時間日差しを浴びている後にできるグラサン焼け、ちょっと恥ずかしいですよね。
ですが、それだけ紫外線から守られている証です。

 

紫外線を浴びすぎた目の病気

 

・角膜炎
太陽光が異常に眩しく感じたり、かゆみや痛み、目の充血があげられます。大半は自然治癒しますが中には炎症を起こし『虹彩炎』になる事もあるので注意が必要です。

 

・白内障
水晶体が濁り始め視力低下や目のかすみ、光の眩しさが兆候としてあらわれます。加齢が原因で起こる事が多いのですが近年では紫外線を浴びすぎた若い世代でも白内障が増加してきています。白内障を治すには手術するしかありませんが手術すればなおす事のできる病気です。

 

・翼状片
黒目の部分に白目が侵入してくる病気です。痛みはなく、充血や視力低下が兆候としてみられ外で働いている方に極めて多いようです。手術での治療が必要ですが、再発する事が多いのもこの病気の特徴です。

 

サングラスと併用できる紫外線対策

 

◆日焼け止めクリーム

 

クマ解消 日焼け止めクリーム

 

紫外線対策には必須グッズの日焼け止めクリーム。グラサン焼けの予防にも効果的ですがフェイス用とボディ―用があり成分も異なるので肌荒れの原因にもなる事なので、顔にはフェイス用を間違えないように使いましょう。

 

 

◆帽子

 

クマ解消 帽子

 

自然にオシャレでき紫外線対策もできるアイテムといえば帽子です。『グラサン焼け』予防にもサンバイザーやキャップは効果的です。

 

 

◆日傘

 

クマ解消 日傘

 

太陽光を対策するにはハズす事のできない日傘。オシャレ女子が活用しているイメージが高いですが、女子力アップと紫外線対策で『クマ・シミ・シワ』予防をしましょう。

 

 

アイクリームやマッサージなどでクマが消えたとしても、日々の生活で紫外線にあたる生活を繰り返していると今までの努力は台無しです。

 

クマを解消するには毎日の紫外線対策を欠かさず行いましょう。

 

『お酒をあびても紫外線は浴びるな』が

 

皮膚科でレーザー治療をしていた時の先生の口癖でした(笑)

 

目元のクマ解消ランキングです
詳細はコチラ<<

 

TOP⇒アイキララの効果を写真付きレビュー!

トップへ戻る