クマを消す方法と治し方

1日たった5分でできるクマの消し方

 

前回クマの原因である『血行不良』『皮膚のたるみ』『色素沈着』についてお話したとおり原因がわかれば改善は簡単です。

 

金額の高い美容外科での治療を行う前に、ぜひ参考にしてみて下さい。美容外科での治療はそれからでも遅くないと思います!


 

クマを消すために用意するもの!

 

用意するものは…。

ハンドタオル×1
クマ専用美容液【アイキララ】

たったこれだけです。

 

え!これだけ。。。

 

ふざけるな!とお叱りをうけそうですが、本当にこの2点があれば十分なんです!

 

 

☆Lesson1(夜編)☆

 

クマを消す方法

 

夜のお風呂に入るタイミングが第一のポイント!

 

お風呂場にハンドタオル1枚を持参して入ります。
※ハンドタオルは特に決まりなどありませんので、目を覆えるものなら問題なしです。

 

湯ぶねにつかりながら好ましいですが、シャワー派の方でも大丈夫!

 

まず通常どおり体などを洗い、あがる寸前でハンドタオルをお湯に付け目元を覆います。(約20秒)

 

次にハンドタオルを冷水に浸し目元を覆います。(約20秒)

 

この動作を2セット繰り返します。

 

温水と冷水の温度差はできるだけ大きく!

 

体を拭きながらでいいので、顔の表情筋を鍛える『あいうえお体操』をおこないます。(目元の皮膚を伸ばすことを意識)

 

クマをなくす方法

 

お風呂あがりは皮膚が乾燥する為、直ちにスキンケアを行いアイキララをぬります。

 

クマを消す方法 アイキララ

 

※アイキララをぬる前に手の甲で1分ほど体温になじませることが大事。クリームの浸透をはやめるようです…。

 

クマをなくす方法 アイキララ

 

アイキララをぬる手順は目頭から目尻の順にぬっていきます。優しくなじませるようにぬり、決して擦ることのないように心掛けましょう。最後にアイキララの浸透を早めるために手のひら全体を使い目元を温め完了です。

 

なぜ、アイキララをつかうのか?

 

アイクリームと言えば1万を超える商品ばかりで気軽に購入とはいかないものです!

 

そんな中アイキララはアイクリームの常識をぶち壊し、破格の値段とどんなクマの種類にも効果が見込めるアイクリームで話題沸騰中です!

 

アイキララ

 

値段がお手ごろだけじゃなく、効果もすごい!

 

アイキララmga

 

コラーゲンをサポートするMGA
ビタミンC誘導体がハリと弾力を覚醒させ、コラーゲンによって新しい肌が作られ生まれ変わっていきます。

 

なので私は、人気と効能の高いアイキララを選びました。

 

 

☆Lesson2(朝編)☆

 

朝も夜と同様に用意するものはハンドタオルとアイキララ。

 

朝はゆっくりしている時間がない!そんな方でも大丈夫なんです。

 

もし時間があるならば、洗面所でハンドタオルをお湯と冷水を交互に目を覆います。

 

 

朝からそんなことしている時間はない!

 

分かります。朝の1分はすごく貴重で無駄にできません。

 

時間がない!そんな方には、前屈しながらの『あいうえお体操』(20秒)

 

クマをなくす方法 前屈

 

前屈することでより血行が良くなり表情筋に刺激を与えることができます。

時間がない方でも20秒なら時間をさくことはできますよね。

 

血行が良くなったところでアイキララをぬりこみ完了です。

 

クマを消すアイキララ

 

クマを消す アイキララ

 

 

1日たった5分でできるクマの消し方(まとめ)

 

クマを消すために必要な血行促進と皮膚のたるみ(表情筋)を鍛えるマッサージ、美容クリームで中から浸透美白することで、消えないクマを消すことができます。

 

寝不足(血行促進)

ハンドタオルで温冷水を皮膚にあてることで血行促進の効果を期待できます。

 

皮膚のたるみ(影クマ)

表情筋を鍛える『あいうえお体操』肌のたるみを抑え、若返り効果が期待できます。

 

目元の擦りすぎ(色素沈着)

色素沈着した肌にはアイキララで乾燥を防ぎMGA効果で肌の内部まで浸透し明るい肌に生まれ変わります。

 

 

今まで消えなかったクマに効率よく短時間で改善することが出来たのは、原因をシッカリ見つめ直し根気よく続けることが出来たからだと思います。

 

1日1日の積み重ねた時間は絶対にムダになることはないので、悩みを解消できることを信じて続けてみて下さい。

 

 

私のアイキララを試した効果を写真付きでレビューしているので宜しければそちらも参考にしてみて下さい。
やっと見つけた!クマに効くアイクリーム「アイキララ」

トップへ戻る