目袋と涙袋は大きな違い!いらない目袋のたるみは生まれつき?遺伝?

目袋と涙袋の違いは?

目袋と涙袋の違い

 

目袋と涙袋って一緒じゃないの?

 

言い方が違うだけで同じでしょ!

 

ってか目袋ってなに?

 

目袋と涙袋って同じだと思っている方に、どのような違いがあるのか詳しくご紹介します。


 

 

涙袋とは

 

涙袋の違い

 

涙袋とは、目の下の膨らみのことをいいます。ホルモンが詰まってできていることからホルモンタンクとも呼ばれています。

 

涙袋があると『目が大きく見える』、『可愛さが増す』など顔の印象をかえることができます。

 

涙袋があるのとないのでは、印象に大きな違いがありますよね。

 

このように、チャームポイントとしても好印象を与えるのが涙袋です。涙袋をつくるメイクやアイクリームでぷっくら涙袋をつくるのも人気です。
話題の涙袋が作れるアイクリームはコチラ

 

 

目袋とは

 

目袋の違い

 

目袋とは、目の下の皮膚がたるみ袋状になったことをいいます。

 

眼輪筋の筋肉が衰え、皮膚がたるむことで目袋ができます。老化が原因だと思われていますが、近年では10代でもスアホやパソコンの普及で眼輪筋が衰え目袋の悩みが急増しています。

 

目袋があることで、『老け顔』や『疲れ顔』に見られ、別名『黒クマ』とも言われています。黒クマ=皮膚がたるみ影になり目の下が黒っぽく見える

 

このように、だれからも嫌われるのが目袋です。解決策には、眼輪筋を鍛えることやエステ、アイクリームで保湿をおこなうことがポピュラーですが、今すぐに目袋を取りたい方は美容整形での施術が選ばれています。
目のたるみがとれるアイクリームはコチラ

 

 

このように目袋と涙袋では、大きな違いがあり『好まれる涙袋』と『嫌われる目袋』で憶えて頂くと分かりやすいのかもしれませんね。

 

 

目袋は生まれつき?

 

生まれつき目袋がたるんでいる人は皮膚科医によると、マレだと言われています。

 

主に成長していく過程で眼輪筋がなんらかの理由で衰え、皮膚がたるむ方が9割以上います。

 

ですが1割にも満たない生まれつき目袋がたるんでいる方もいます。

 

生まれつき目袋がたるんでいる方の場合、眼輪筋を鍛えても皮膚が伸びているために効果がでにくいので、美容整形でたるみをとる施術が望ましいでしょう。

 

生まれつき目袋がたるんでいるのは、親の遺伝が関係しているのでしょうか?

 

 

目袋は遺伝?

 

目袋は遺伝するの?結論から言うと50%は遺伝するでしょう。

 

顔も体も全てにおいて、両親から受け継がれているので目袋も当然遺伝します。

 

『でも両親は目袋のたるみなんかない』

 

と、思われている方も両親の両親=あなたのおじいちゃんやおばあちゃんには目袋があったのかもしれません。これを隔世遺伝といいますが、祖父母やそれ以前の前世を気にしているとキリがありません。

 

遺伝したものはしかたない。対策や予防を考えるのが大前提ですよね。

 

50%は遺伝するからといっても対策や予防をすれば、目袋のたるみを防ぐことはできます。

 

目袋にたるみを作らないためには、日々の生活を見直す必要があります。

 

 

目袋たるみの原因

 

血行不良によるむくみ
紫外線による肌のダメージ
皮膚の老化
スマホなどで瞬きの回数減少
目元の乾燥
眼輪筋の衰え

 

これらの予防や対策は、何から始めていいのか分かりずらい・・・ですが、手軽に自宅でできるマッサージから始めてみましょう。

 

美容外科の医院長がオススメする目袋のたるみやクマに効くマッサージ方法を紹介していますので宜しければ参考にしてみて下さい。
美容外科の医院長が推奨する目袋のたるみやクマに効くマッサージ方法

トップへ戻る